事業内容
都市居住研究事業 |
CFT造普及事業
| 受託共同研究事業
 
 技術ランク区分、及び技術ランクの移行
   
項 目 技術ランク区分
SA A B C



CFT造の施工技術に対するレベル 高度な技術を必要とするレベルでも対応が可能である 中度な技術レベルに対して、施工実績や保有データにより十分な技術力を有している 低度な技術レベルに対して、施工実績や保有データにより十分な技術力を有している 告示の基本仕様範囲内における施工が可能である *1










CFT造の建築工事実績 *2
(以下の難易度による要件とともに)
直近1年間に1件以上*3 直近2年間に1件以上*4 過去に1件以上*5





高度な技術を要するCFT造の建築工事実績 充填コンクリートの設計基準強度が60N/mm2以上の工事実績 直近5年間にいずれか1件以上 過去にいずれか1件以上 過去にいずれか1件以上
コンクリート充填柱の高さが60m以上の工事実績
その他、普及委員会が認める高度な技術を有するCFT造の工事実績
中度な技術を要するCFT造の建築工事実績 充填コンクリートの設計基準強度が60N/mm2未満36N/mm2超の工事実績
コンクリート充填柱の高さが60m未満30m以上の工事実績
低度な技術を要するCFT造の建築工事実績 充填コンクリートの設計基準強度が36N/mm2以下の工事実績
コンクリート充填柱の高さが30m以下の工事実績


品質管理体制 品質管理体制が適切であること
施工管理技術者数 20名以上 10名以上 2名以上 (1名以上) *6
*1: このランクは新都市ハウジング協会が特に認定しない。
*2: CFT造建物の工事実績(工事件数)は、新都市ハウジング協会が施工計画技術指導を行った物件とする。
*3: 実績のなかった場合、一年は猶予期間とし、猶予期間中の工事実績が2件以上の場合、ランク保有要件は満たされる。
*4: 実績のなかった場合、二年は猶予期間とし、猶予期間中の工事実績が2件以上の場合、ランク保有要件は満たされる。
*5: 新都市ハウジング協会による施工技術習得指導の実績(省略要件を満たしていることの確認を含む)も、工事実績件数に算入する。
*6: 施工技術習得指導と併せ施工計画技術指導を受ける場合は必要条件となる。
 CFT造技術ランクの認定料(消費税は別途とします)
新規及びランクアップの場合
 
協会員 非会員
SA A B SA A B
\100,000- \100,000- \100,000- \2,000,000- \2,000,000- \1,000,000-
更新の場合
 
協会員 非会員
SA A B SA A B
無料 無料 無料 \500,000- \500,000- \500,000-
 認定された技術ランクの有効期間
   
協会員 非会員
SA A B SA A B
1年* 2年 5年 1年 2年 2年

Copyright (C) 2011 ANUHT. All Rights Reserved.